簡単! 有機野菜の育て方

プロが教える最もシンプルな有機野菜の育て方。

有機ダイコンの育て方

f:id:seikouen:20191117185412j:plain

f:id:seikouen:20191117185328j:plain

年中スーパーに並んでいる野菜ですが自分で育てた有機栽培のダイコンはひと味違いますので是非とも挑戦してください。

まずは種まき1か月前にうね立てをします。

今回はダイコン20本分です。

1、黒マルチ 4m×1,5m

2、牛ふん堆肥 5㎏

3、カキガラ石灰 500g

を準備してください。

3m×1,5mの畑に牛ふん堆肥とカキガラ石灰をまいてよく耕して下さい。

ダイコンは大根十耕といわれるくらい土塊(つちくれ)のないさらさらの状態にしてからうねを立てて下さい。

20㎝くらいの高目のうねを立てたらマルチをかけ、裾をしっかり押さえたら1か月待ちましょう。

そうすることで真っ白ですべすべお肌のダイコンができます。

ちなみに昔は大根足は褒め言葉だったようですが、確かに出来の良い大根の美しさは魔性の魅力を感じます。

話を元にもどしましょう。

うね立て1か月後、株間30㎝、条間60㎝で穴をあけ、種をまきます。

ここではポンポンカッターΦ8㎝が活躍します。

あけた穴の真ん中に種をまき、土を軽く押さえ水やりをします。

何度か霜にあたったダイコンは寒じめとよばれ、水に沈むほどに糖度があがります。

さらに小寒から大寒にかけての寒の内に漬け物や切干ダイコンを作ると長く楽しむことができます。

赤や緑、漬け物専用や丸いものなど種類が豊富でいかに多くの人に愛された野菜かがよくわかります。

こんなにもなめらかで、火の通りが早く、優しい味がするのかと感動できると思います。